ブログを始めて20日の初心者が見込み収益化を達成するまで【実録】

スキルアップ

こんにちは、やけゆう(@oki_yakeyu)です。

この記事の執筆時点で、ブログ開始から20日経過したのですが、なんとGoogleさんより見込み収益のお知らせが届きました!

うまい棒で例えると34本分の金額を達成。

なので、今回はどうやって1ヶ月以内で見込み収益化に成功したのか、記事作成の手順を時系列で振り返ってみます。

収益化までの記事作成

【1記事目】プロフィール記事の作成

まず最初の記事は、簡単な自己紹介のページです。

どんな人がこのブログを書いたのか、信用を担保するための記事となります。

ここではあまり情報を載せすぎず、読者がすぐ読み切れる

約1500字数

で抑えました。

【2記事目】資格試験に挑戦

ここでは特に狙いなどなく、自分が今書きたい記事を執筆。

まずはブログを書くことに慣れる事に注力しました。

文字数は

約2400文字

となります。

【3〜6記事目】退職前に必要な知識

ここからは、明確に狙いを定めながらブログ記事を作成。

作業手順に追って解説します

キーワードの選定

まず、タイトルを決める上で重要な

「キーワード」

の選定です。

自分が書きやすい内容、それに加えて世の中の人が関心のある事として

「退職」

「お金」

の2つのキーワードを記事タイトルに入れました。

記事全体の骨組みを作成

タイトルが決まったら、続いて見出しの作成です。

ここは人によりますが、私の場合は先に見出し(h2タグ)を作成して、全体の構成を決めます。

WordPressの編集画面には

「コンテンツ構造の表示」

という便利な機能があり、上手く活用することで全体が把握しやすいです。

記事内容の作成

いよいよ本文の執筆に入ります。

一番時間が掛かる工程ですが、先に下書きを仕上げておくと短時間で終わります。

ちなみに私は、Mac純正アプリの「メモ」を使用しています。

iCloudで連携しており、スマホでも気づいた時にメモが残せるので便利です。

文字の強調・画像の挿入

内容を書き終えたら

「太字」

「赤文字」

「蛍光色」

を使って強調部分の装飾。

また、改行で文章全体を読みやすく整えます。

そして、最後に画像のはめ込みです。

「アイキャッチ」

「各見出し」

に画像を挿入すれば、ブログ記事の完成です。

ブログを認知させる方法

ここまでの手順で、ひとまずブログ記事が完成しました。

しかし、せっかく時間をかけて書いた記事も読まれなければ意味がありません。

そこで私は、ブログ開始と同時に運用していた

「Twitter」

で宣伝することにします。

Twitterで営業活動

具体的には、1記事更新するたびにツイートで

「テーマ」

「文字数」

を添えて発信。

すると有り難いことに、1日で200人以上の方から反応を頂くことが出来ました。

見込み収益化達成

6記事目を終えた時点で、早速Google AdSenseに申請。

無事審査が通り、広告を貼ることにします。

どこに広告を貼ったの?

まずは記事の邪魔をしないよう

「サイドバー」

「記事の最後」

に貼り付け。

ちなみに、収益が発生した箇所は「サイドバー」でした。

Google AdSenseの管理画面では、具体的にどこから収益が発生したのかが確認できます。

※Google AdSenseの規約に抵触する恐れがあるので、詳細の数値はわからないようにしています。

PV数は?

始めて見込み収益を達成した時点のPV数は

約2500PV

です。

1PVあたりの単価は

0.1〜0.2円

となるので、まだまだ伸ばせる余地はありますね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

今回は、ブログ初心者が見込み収益を獲得するまでの経緯をお伝えしました。

事前に情報・知識を蓄えることで、今後の人生をより豊かに生きることができます。

こちらの記事が参考になりましたら、下記のボタンからフォローして頂けると嬉しいです♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました