webライター実績ゼロで受注する方法とは?クラウドソーシング初心者の方必見!

ライター

どうも、やけゆう(@oki_yakeyu)です。

先日、ついにクラウドワークスから初めて案件を獲得しました!

今回は、実績ゼロからライター案件を獲得する方法を5つお伝えします。

この記事を読むことで、下記のメリットが得られます。

  • プロフィールの具体的な書き方
  • 案件の選び方
  • 提案文の送り方

ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

webライター実績ゼロで受注する方法①

クラウドワークスで案件を獲得する1つ目の方法は、まずプロフィールを充実させることです。

実績ゼロでは見ず知らずの人に仕事を預けることになるので、クライアント側にとっては不安が拭えません。

なので初めに行う作業は、具体的なプロフィールの設定です。

ちなみに私の場合は、下記の文言でプロフィール設定しました。

はじめまして、webライターの屋慶名(ヤケナ)と申します。

【得意なジャンル】

・転職:キャリア構築、退職

・経済:マクロ・ミクロ経済学、財政学

・お金:仮想通貨、クレジットカード

・IT系:プログラミング

・ガジェット:モバイルWiFi、格安SIM

・健康:筋トレ、ヨガ、食事

・ブログ構築:WordPress、SEO対策

・資格:宅建、簿記、英語

上位表示できるSEOに強い記事が得意です。

【経歴】

2008年 3月 琉球大学・経済学専攻 卒業

2008年 4月 一部上場企業(流通小売業)へ入社

主に

・一般食品担当チーフ(5年)

・大型店舗副店長(4年)

・コンビニSV(1年)

を担当。

退職後は html, css, JavaScript, PHPなどのプログラミング言語を学び、WordPressにてブログ運営を開始。

2019年12月 オンラインスクール「web+」でライティングを学ぶ。

2020年4月 webライターとして活動を開始。

【仕事をする上で大事にしていること】

ライティングする上で一番重要なのは、読者の悩みを解決することです。

読みやすい文章を書くことは最低条件として、読者の気持ちに寄り添った文章を心がけています。

【稼働時間について】

平日・1日6時間で稼働中。

現在は4,000文字前後の記事を1日1記事で執筆しています。

執筆するテーマにもよりますので、納品可能な記事数は要相談でよろしくお願いします。

【ご連絡について】

平日9時〜18時までのご連絡であれば、当日中に返信をさせて頂きます。

上記以外の時間帯ですと「1営業日」以内のご返信となりますので、ご了承下さいませ。

【希望文字単価】

一文字1.0円〜(要相談)

ご興味を持っていただけましたら、メッセージにてお気軽にご連絡下さい!

どうぞよろしくお願い致します。

上記のようなプロフィールで実際に案件が獲得できたことから、次の項目が効果的だと感じました。

  • 自分の得意分野
  • 簡単な経歴
  • 仕事で大切にしていること
  • 稼働時間・作業量
  • 返信可能な日時
  • 希望条件

特に大事なのは、具体的な「稼働時間・作業量」「返信可能な日時」を伝えることです。

クラウドソーシングサービス全般に言えることですが、音信不通になるケースも結構あるそうなので、連絡に関する項目を記載してクライアントを安心させましょう。

また、実績がないと自信が無い文言になりがちですが、ここは勇気を持って言葉を断定し、信頼を得ることも大切です。

webライター実績ゼロで受注する方法②

実績ゼロでもライター案件を獲得する2つ目の方法は、やはり初心者も募集している案件を選ぶことです。

実績が0と1とでは大きな違いがありますので、初めの案件は希望条件が多少下がっても妥協する必要があります。

ちなみに私の場合は、希望条件は文字単価1.0円でしたが、今回請けた案件は0.7円でした。

また、募集人数も10人と比較的多かったので、やはり競争率を下げることで採用率も高まりますね。

webライター実績ゼロで受注する方法③

実績ゼロからライター案件を獲得する3つ目の方法は、文字単価¥0.6〜¥1.0の案件を狙うことです。

文字単価が安すぎると、そもそもモチベーションが上がらず質の低い記事しか仕上がりませんし、クライアントの満足度も下がってしまいます。

また、逆に単価が高すぎると要求されるレベルが上がりますので、採用率が下がります。

なので未経験の場合は、安すぎず高すぎずのラインである¥0.6〜¥1.0の単価を狙いましょう。

webライター実績ゼロで受注する方法④

実績ゼロでもライター案件を受注する4つ目の方法は、興味のある分野を狙うことです。

勉強したことのある分野や、過去に行った仕事に関する内容の案件だと、提案文に力が入るので自然と採用率が上がります。

ちなみに、私の場合は下記のような提案文を送りました。

はじめまして、webライターのやけゆうと申します。

【対応可能な記事数】

1週間で2〜3記事、月間で10記事納品に対応できます。

私自身、小売流通業で10年の勤務経験がありますので、
クライアント様のご意向に沿った記事を執筆することが可能です。

採用させていいただきましたら、クライアント様のご期待に応えられるよう
質の高い記事を執筆していきますので、どうぞよろしくお願い致します。

プロフィールで細かい自己紹介を行ったので、提案分の内容は最小限に抑えています。

ちなみに、今回は「小売業」に関する記事だったので、過去の経歴をアピールしたことで採用されたと思います。

webライター実績ゼロで受注する方法⑤

実績ゼロでもライター案件を受注する最後の方法は、レスポンスを早く送ることです。

クラウドソーシングサービスでは、クライアントの依頼内容が途中で変更する場合があり、メールで連絡が届きます。

なので、可能であれば当日返信を行い、条件が変更されても常に対応できる体制をとっておきましょう。

応募条件の変更に気づかず、そのまま期限が過ぎてしまうケースもあるので注意が必要です。

webライター実績ゼロで受注する方法【まとめ】

今回は、webライター実績ゼロでも受注する方法をお伝えしました。要約すると下記の通りです。

  1. プロフィールを充実させる
  2. 初心者向けの案件に応募する
  3. 文字単価0.6円〜1.0円の案件を探す
  4. 経験したことのある分野を選ぶ
  5. レスポンスは早めに送る

実績ゼロだと、本当に自分にできるのか不安に駆られると思います。

しかし営業を続けていく内に、プロフィールの書き方や提案文の仕方が上達し、自信が湧いてきます。

自分自身も実際には10回以上の提案を出し、今回やっと採用されました。

なので採用されないからと言って悲観的にならず、この記事を参考にまずは1件獲得できるよう目指しましょう!

スポンサーリンク